政治家は大敗しても、馬鹿はバカ!?

日曜日は過去のブログを再アップしてます。一昨年の9月のブログです。

「馬鹿は死んでも直らない」と言うが、
「政治家は大敗しても気がつかない」のでしょうか。

つまりは、
「政治家は大敗しても、馬鹿はバカ」
ということなんでしょうかね。

自民ベテラン議員「首相指名、白紙投票も」
http://news24.jp/articles/2009/09/03/04143055.html
画像

自民党は歴史的な大敗をしても、
負けた原因が何かを、まだ気がついてませんね。
一国の総理を指名する重大な決議に、
白票を投ずるとは、自民党に投票した国民に対する、
大いなる裏切り行為です。

こんなことをまじめに論じていること自体、
自民党も解党した方が、
再生の道が近いかもしれません。

国民不在のごたごた劇、
それに嫌気をさしていることを気づかないんでしょうかね。
馬鹿につける薬はないですね!

しかし、テレビで太郎ちゃんの嫌味な言動を、
聞かなくなるだけでもいいかも。
太郎ちゃんも早く、政治評論家になれば?
その言葉遣いは評論家向きかも、、、
でも誰も信用しなかな!!?

正直言って今回の選挙は、民主党の勝ち過ぎです。
自民党と民主党が均衡するぐらいで、政治が混迷する中、
右左、白黒分りやすい政党が誕生する政界再編を期待してました。

まあ、白いハトのおじさんも、
いまだに穴の開いた貞操帯を守リ続けているいるおばさんに、
振り回されないでいて欲しいものです。

白いハトが、日本の平和と繁栄のシンボルとなれるか、

はたまた、街や公園の、駆除したくても出来ない迷惑モノになるか。

今後の手腕に期待したいものです。

我々はしっかり見張っていましょうね!!






政権交代と与党大敗の要因—自民党政治の分析と公明党への提言記録
ブイツーソリューション
岩浪 貞芳

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政権交代と与党大敗の要因—自民党政治の分析と公明党への提言記録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"政治家は大敗しても、馬鹿はバカ!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント