アナログはエネルギーを生む!?

エコエコと地球上で騒ぎ立てる中、
色んなものをエネルギーに変えようとする研究が盛んです。

こんな動作までエネルギーにしようとは、
手書き入力のエネルギーを電気に変換--CEATECに出展された日本の最新技術
http://wiredvision.jp/blog/kanellos/200910/200910060051.html
画像

車の走る振動や人間歩行をエネルギーにして、
発電しようとする試みはありますが、
これは、手書きの時の圧力で電気を起こそうというものです。

これだけデジタルのものが氾濫している世の中。
今さら手書きなんてことは時代錯誤かもしれませんが、
タブレットなどで電気を起こせれば、
ちょっとは自分回りのエコに協力できるかもしれません。

書くという行為は、記憶をする意味でも重要なことです。
受験勉強においても、書いて覚えた方が効率がいいものです。

だったら、勉強をするきっかけとして、
この手書き発電の道具を利用したらどうでしょう?
手書きで書いて覚えた結果として、
発電されて成果を得られる。

そんなことだったら、無駄にノートに書き込むより、
勉強のモチベーションが上がります。

書いて、書いて、覚えて、役立てる。

ほら!アナログがエネルギーを生むのです。

あなたも久しぶりに書いてみませんか??




筆跡を変えれば自分も変わる
日本実業出版社
林 香都恵

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"アナログはエネルギーを生む!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント