政治家を輸入しましょう!?

全世界的な経済危機の中、アメリカではオバマ大統領が誕生した。
就任演説を聞いていると、非現実的な理想論ばかりじゃなく、
現実を踏まえ、アメリカ国民に希望を与えるものだったのではないでしょうか。

それと比べて、我が国の国会議論は、
民主の石井副代表、首相に漢字テスト
http://www.sanspo.com/shakai/news/090121/sha0901210505007-n1.htm
画像
漢字が読めない首相も問題でありますが、その揚足だけを取って国会で漢字テスト。
そんなこと国会でやらないで、学校でやってもらいたいです。
本当に、この国から国外逃亡したいぐらいです。

そんな馬鹿な国会議員しかいないなら、こんな議論も当り前です。
消費増税なら「政党交付金、議員歳費半分に」 経財相
http://www.asahi.com/politics/update/0120/TKY200901200085.html?ref=goo
歳費や政党交付金はもちろんですが、国会運営だって莫大な費用がかかってます。
漢字テストをするための国会だったら、開かなくて結構!
その分の費用を国庫に返納してもらいたいぐらいです。

無駄で無能な政治家しかいないなら、

一層のこと海外から政治家を輸入しちゃいますか。

ちょうど円高で輸入するにはいい時期かもしれません。

例えブッシュでも、日本に来れば優秀な政治家になれるかしれません。

日本のスポーツ界と同様、助っ人頼みの政治界。

ぞっとする事態ですが、今よりはよっぽどましかもしれませんね。

"政治家を輸入しましょう!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント