キター!悪役「亀田」、悪しき興行主「TBS」

最近は、善玉・悪玉対決といったプロレスを、あまり見なくなりました。
今の格闘技は、K1をはじめとするガチンコ対決が主流。

それだけ、見る方の目が、肥えてきたんですかね。
でも、未だに、そうじゃないのが、相撲と一部のボクシングです。

興毅リング登場に視聴者抗議 TBS「ハプニングで…」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/165598
画像
見たくもないのに、亀田興毅が内藤のタイトル戦に出てきました。亀田側も含めて、TBSはどこまで計画して、戦略的に、登場させたんでしょうね?

考えられるのは、
1.ただ単に、「内藤×亀田興毅」戦の番宣の意味で、登場させた

2.亀田を登場させて、世間の反応を見て、TBSがバックアップするかの判断材料とする

3.亀田をより悪役に仕立て、わざと反感をかわせ、話題性を持たせることで、
  色々な番組の視聴率を稼ぐことを目的にした

こんなもんでしょうか。
どちらにしても、亀田側の頭脳では、戦略なんて持てるはずがないから、
踊らされているだけ、つまりは、TBSにうまく利用させているだけでしょう。

そうすると、3番の戦略で行なった方が、一番おいしい商売が出来ます。
その意味で言えば、その話題に乗っちゃった世間一般の人は、
思い通りの戦略に、はまっちゃってるのかもしれません。

まあ、自分もブログの話題にしちゃったんで同罪ですけどね。

やっぱり、こういう輩は無視するのが一番なんでしょうが、

昔のプロレスや今に相撲???と同じで、やらせと分かっても見ちゃうんですよね!

キター!悪役「亀田」、悪しき興行主「TBS」って感じですかね。

"キター!悪役「亀田」、悪しき興行主「TBS」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント