誤審の判定も正当な結果!

オリンピックで熱い戦いが続いてます。
4年に一度の大会ですから最高レベルの真剣勝負、
結果はどうであれ、中身を楽しみたいものです。

しかし近年思えることですが、
メダル獲得のあまり、戦術にこだわり過ぎて、
結果的にスポーツの本質を失ってしまっているみたいです。
こんなことも、
涙で座り込み抗議の韓国フェンシング選手「特別賞」を提案されるも拒否!? 韓国は IOCに銀メダル授与を求める意向
画像

これも結果をこだわり過ぎる行為なんでしゅうね。
誤審が多いと言われている今大会ですが、
誤審は今大会だけのことじゃなかったのかもしれません。
今までは審判の判定の結果、
あまり多くの抗議をしなかっただけなのかもしれません。

自分の正当性を主張するのは否定しませんが、
審判の判定に従うのもルールの内、
誤審の判定も正当な結果として扱われるのです。

それが出来ないなら、人間以外の機会に判断をさせるしかありませんよね。
それが出来なければ、タイムや記録のあるスポーツしか、
客観的な判断できませんよね。

まだまだオリンピックは続きます。
審判の判定も含めて、
それぞれが真剣にぶつかった結果を
素直に楽しみたいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック