避妊薬を捨てて、妊娠促進剤を!?

少子高齢化、晩婚化と言われる日本社会。
草食系男子が肉食系女子に支配される日は近いのではないでしょうか。
オリンピックを見ても、大活躍したのは女子選手。
男子の凋落ぶりはこんなところにも現れてます。

こんな中この傾向を助長すると思われることが、
“男性用避妊薬につながる”化合物
画像

女性用避妊薬はありますが、
今度は男子が服用すれば避妊できる薬が開発されるとか。
ますます、少子高齢化を助長させそうな話です。

最近聞くのは出来ちゃった結婚が多いこと。
子供が出来たからしょうがなく結婚するということ?
だったら、少子高齢化の処方箋は、
子供を作りやすくすることかも。

そしたら、避妊薬なんて逆行する行為です。
結婚した夫婦が家族計画で避妊するならまだしも、
それ以外はある程度規制した方が、
出生率も既婚率も上がるかもしれません。

長い恋人期間で結婚ということを忘れてしまっている人々も多いのかも。
だったら避妊薬じゃなく、妊娠促進剤でも飲んで、
結婚の踏ん切りをつけた方がいいんじゃないでしょうかね。

日本のパワーを引き戻すのは、
子供たちの力が必要です。

どうでしょうねこんな薬は?

この記事へのコメント

G
2012年08月20日 18:44
日本はいらないかもしれませんね。

この記事へのトラックバック