世の中うんこだって捨てるもんじゃない!

日本の根底は、物を大事に使って
食べ物をを保管することじゃなかと。
そのための知恵と技術が今の日本の財産になってきたのです。
色んな道具や保存食をみて、
最近昔の人の素晴らしさを痛感させられます。
捨てるものがないくらい、なんでも利用されてるんですよね。

英国の話ですが、こんな利用も、
「ヒトの糞便から飲料水とエネルギー生成」英研究チームが装置開発めざす
http://www3.imperial.ac.uk/newsandeventspggrp/imperialcollege/newssummary/news_14-3-2012-10-34-45
画像

なんと人間の糞尿を再利用しようとするする研究だそうです。
つまりはバクテリアを使って糞尿を分解するということでしょうか。
本当にこの研究が実現化されたら、
世界の人口が増えても地球のキャパが増えるんでしょうね。

近未来的食糧難、水不足を解消できる研究ですが、
バクテリアといのはどうも気まぐれ。
生物上の秘密を明かすということは、
地球最後の研究課題なんでしょうね。

しかし、うんちやおしっこから、
水やエネルギーを得ることが出来たら、
世の中変わるでしょうね。
こんな技術、日本が主導でできませんかね。

最近思いますが、将来振り返って現在の日本製品を見ると、
未来の人達にどれだけ評価されますかね?
製品サイクルだって今や5年未満、
薄っぺらな使い捨て製品なんでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

G
2012年03月26日 21:17
糞の話を一つ。
花粉症などのアレルギーは昭和30年代から急増。先進国では3人に一人がなんらかのアレルギーを持っているそうです。土地が変わって、モンゴル。こちらはアレルギーを持つ人は日本のおよそ5分の1、その原因として考えられるのが、燃料に使っている牛の糞。その中にはアレルギーを抑える物質が含まれているのだとか。
 先進国は潔癖すぎるだそうです。他の動物との共生をやめた結果ではないかといわれているそうです。

この記事へのトラックバック