ヒントは遊びにあり!?

必要性に迫られれば、人は知恵を出すものです。
地球温暖化の真偽はさておき、イノベーションにとっては、
ひとつのきっかけになるかもしれません。

例えば、環境に対して一番敏感な自動車業界は、
マツダ、ガソリン車の燃費1リットル32キロ コンセプト車公開
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090930AT1D2905729092009.html
画像

なんとガソリン車でリッター32km!
バッテリーに頼らず、本気になれば出来るんじゃないですか。
こんな努力は、日本人の得意技なんだかもしれません。

しかし、時間軸を外せば、もっと自然のエネルギーが得られます。
凧 ( たこ ) が上昇するときに糸を引っ張る力で発電機を動かし、船舶内の冷蔵庫やエアコンなどの電気に利用するプロジェクトが進行中だ。
http://www.swissinfo.ch/jpn/news/science_technology/detail.html?siteSect=511&sid=11245742&rss=true&ty=st
画像

凧の上げ下げに発電しちゃおうとするものです。
自然の力を生かすと、結構エネルギーを得る手段はあるもんです。

子供の頃から、凧や竹とんぼや風車、、、、
自然と向き合い遊びをしてました。
そんな遊びは、自然と親しむことにより、
その内なる力を利用することを覚えるものです。

自然とうまく共存してきた日本人は、
これから先の自然エネルギーの分野に対して、
力を発揮できるDNAがあるんじゃないでしょうか。

ヒントは、昔ながらの遊びにあり!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年10月02日 06:53
25%の削減目標はなにも海外から買わなくてもとも思いますけどね。もっとみんなで考えたいですね。

この記事へのトラックバック