何でもお上頼りの社会!?

選挙選もあと僅か、どっちが勝つにしても、
しばらくは政治不在の状態です。

そんな情況の中、すべてはお上任せで頼るのではなく、
自分達で解決できることは、
自ら解決する必要があるのかもしれません。

例えば、最近騒がれている医療崩壊の問題、
足元の部分を考え直せば、ちょっとは解決できるかも。
救急車要請 4割が軽症 正しい利用をPR
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_124936372868.html
画像

どこの自治体も救急車の出動件数が増えて、
通報から現場に到着するまで時間が伸びているとか。
軽症でもタクシー代わりに、
救急車を呼ぶ人が増えている結果ということです。
1分1秒を争う救急の場面で、
とんだ迷惑野郎が多くなったということでしょうか。

軽症者にはこんな便利なタクシーもあるのに、
生活の中でお困りになっている様々な事をサポートする「サポートタクシー」
http://www.anzentaxi.co.jp/convenient.html
競争激しいタクシー業界にあって、
お客さんの送迎だけじゃない、新たなサービスをしてくれるタクシーです。
薬の受け取りや病院の順番待ち、またまた買物の代行までしてくれます。

これからの少子高齢化社会において、
こんなサービスは大事な役割を演じてくれるんじゃないでしょうか。

タクシー業界も不況や競争激化で、車余りの状態です。
こんなサービスを考え、生き残りに必死なんでしょうね。

だったら、自治体とタクシー会社で組んで、
救急通報を受けたとき、
重篤者には救急車、軽症者にはタクシー手配といった、
棲み分けが出来たら、病院も救急車も、
負担軽減が出来るんじゃないですかね。

安易に救急車を使う人達も、有料のタクシーとなれば、
普通に病院に行くと思われます。

何でもお上に頼んでしまうのは簡単です。
でも、その費用は結局は、我々が税金で払っているのです。
余裕の中での高福祉社会の実現ならいいですが、
借金紛れの破産寸前の日本国。
自分達で出来るものは、自分達で解決する。

そんな相互扶助の関係が、

未来の日本をよくするんじゃないですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

マコト
2009年08月27日 23:38
私は日曜に試合なので、
今日投票を済ませてきましたよ。
でもね、新型インフルエンザのワクチン
まだ確保できないんでしょう?
選挙なんか置いといて日本のためにすべきことがあるってのに。

この記事へのトラックバック