生きたお金の使い方!?

最近テレビを視なくなりましたが、唯一楽しみにしてるのが、
『救命病棟24時』です。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kyumei24_4th/index.html

救命救急を通じて、社会に問題提起し、
命に関して考えさせられるドラマです。

今回のシリーズでは、医療崩壊に関して、
現実の問題として、真剣に考えなければなりません。
病院の数とか、医者の問題だけじゃなく、
医療に関しての根本を考えないと、
解決しないとならないですね。

例えば、アメリカでは、こんなところへの財政支出を、
米政府、電子カルテ導入に12億ドルの助成
http://www.rbbtoday.com/news/20090821/61932.html
画像

日本も緊急の財政支出を、無駄なハコモノに使うのじゃなく、
こんな有効なお金の使い方をしてもらいたいものです。

国民がひとりひとりが、一枚のカードを持ち、
そのカードで、健康保険証・年金手帳・雇用保険証・
また自分の既往病歴が入ったカルテが管理できれば、
医療機関を始めとする各部門でも事務的負担がかなり軽減されるはず。

しいては、医者の新たな診療や検査、
カルテを入力する時間が軽減されるだけで、
かなりの医療費削減と医者の負担軽減になりませんかね。

国が一元管理すると大反対する人達がいますが、
命をつなぐシステムとプライバシーとの比較、
簡単な答だと思いますがね。

今度生まれる新政権、将来につながる部分で、

生きた税金の使い方を考えてもらいたいものです。

その意味で、自分のこの1票、大事にしたいですね!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

マコト
2009年08月22日 22:55
『救命病棟24時』は私も前から観てますよ。
救命救急医だけでなく産婦人科の問題もあるよね。
政府はお金の使い方、間違ってる。
私たちの血税、もっと意義のある部分に投入してほしいですわねー。

この記事へのトラックバック