そうだ北に行こう!!

毎週日曜日は過去のブログを再アップしてます。昨年の八月のブログです。

夏なのに、新型インフルエンザが蔓延して、死亡者がでました。
これが秋冬の時期になったら、どこまで広がるんでしょうね。
手洗いやうがい等、日頃の出来る部分で備えましょうね。

まあ、広がってると言えば、こんな悪いことも、
麻薬や覚せい剤、勧められたことある? ニコ動アンケート
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/19/news093.html
身の回りの人から、麻薬・覚せい剤を勧められたことがある人は5.7%だそうです。
簡単に言うと、日本で700万人以上の人が、
薬物に接する機会があるということです。
その内の10人に1人が薬物に手を染めるとなると、
恐ろしい結果になります。

最近、らりP、、いやいや、のりPさんなので問題になってますが、
結構身近なところまで、薬物汚染が近づいてきてるんですね。
一時の快楽で一生を棒に振るかどうかは、
簡単な選択だと思うんですがね。

これは日本の数字ですが、アメリカではもっと恐ろしいことが、
米国内で流通している紙幣の90%がコカインに汚染、米国化学学会
http://www.technobahn.com/news/200908181802
画像

嘘だー!と叫びたくなるような数字ですね。
カード社会のアメリカにおいて、
現金を使うのは麻薬取引だけと言うことでしょうか。

薬物汚染は、日本だけじゃなく世界的な傾向なんでしょうが、
それだけ、世界中が病んでいるということでしょう。
その病を治すくすりが、人の身体を蝕む麻薬・覚せい剤ということは、
悲しい現実なのです。

日本経済が奈落の底に落ちて、日本が沈没しそうになったら、
日本で麻薬・覚せい剤を、解禁しちゃいましょうか。
その代わり、税金を3000%とぐらいかけるのです。
そうすれば、世界中のジャンキーが集まり、
毎日ハイテンションな楽しい国になるかも、、、、

そうそう、日本じゃなくてもすぐに出来そうな国がありますよ!
北の将軍様が仕切る国です。
もともと麻薬の製造はお手の物だし、
外貨獲得にはもってこいのような気がします。
そのにジャンキーを集まれば、
一石二鳥、いやいや一石十鳥になりませんかね。

麻薬・覚せい剤を使いたい人は、

そうだ、北に行こう!!

そしたら、らりP、、、いやいや、のりPも大スターだね!



覚せい剤Q&A?捜査官のための化学ガイド
東京法令出版
井上 堯子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




アルコール、タバコ、覚せい剤、麻薬 薬物依存Q&A (シリーズ・暮らしの科学)
ミネルヴァ書房
前田 均

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アルコール、タバコ、覚せい剤、麻薬 薬物依存Q&A (シリーズ・暮らしの科学) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年08月20日 15:20
逆説的辛口記事也
喝采! 禁薬物也!
薬物中毒人北集合。恐怖也
軍隊最強也

この記事へのトラックバック