エネルギーは永遠なり!?

自分の事務所は幹線道路に面し、毎日の通行量が多い場所にあります。
安事務所なもんで、大きな車が通過するだけで揺れる揺れる。
それを考えると、自動車ってすごいエネルギーを発してるんですね。

そんな自動車のエネルギーを利用しようという試みが、
自動車が通過すると発電する道路、英発明家が製品化
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200906191513&lang =
画像

車が通過するとのエネルギーを利用して発電しようと言う試みです。
車の出入りが多い駐車場や駅のロータリーなどに設置すれば、
面白い試みかもしれませんね。

そういえば、自分のブログでも取り上げましたが、
東京駅に設置された、歩行者のエネルギーを利用する
床に設置された発電マットはどうなったんでしょうね。
最近は話題になりませんが、
やっぱコスト的に問題なんでしょうかね。

そんなことを考えると、「エネルギー不滅の法則」じゃないけど、
走ってる車のエネルギーを利用すれば、
それと同等のエネルギーが得られるということです。

確かに、自動車は発電しなが走ってます。
高性能なバッテリーが出来れば、
それを蓄電して利用できるということじゃないのかな。
科学音痴な自分では、なにかそんな簡単なことに思えます。

もっと身近なとこならこんな発電だって、
微小運動を用いたナノ発電機、まずはハムスター発電から
http://japanese.engadget.com/2009/03/02/nano-generator/
画像

ハムスターの走る特性を利用したナノ発電です。
なにか動物虐待のようにも見えますが、
こんな研究してる人いるぐらいです。

もっといい方法がありますよ!
ダイエットで運動してる人がいっぱいいるじゃないですか。
発電機をつけて運動すれば、
社会貢献をしながら体重が減らせます。

まあ、電気に頼らない生活をするのが一番なんでしょうがね。

そう考えると、エネルギーは永遠に不滅です。

お気楽に生きましょうよ!!




「振動力発電」のすべて
日本実業出版社
速水 浩平

ユーザレビュー:
TVで速水さんの話を ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年06月27日 23:07
光太郎さん今晩は。
 振動で発電するというのは波力発電の系統だろうと思うのですがね・・・。
 自家発電で人力は、無論可能です。単純にダイナモとバッテリーを組み合わせて、素人でも作れます。でも、それを家電に生かすのは、難しいでしょうね。ソーラー発電も、最近のは充電できるらしいのですが。
 都市部で有効なのは、ソーラーパネルもそうですが、水力発電が身近で出来る発電方法です。
 ところがデスね。全ての河川は国土交通省の管理でして、勝手に作れないそうなんですな。
 今は緩和されたのかな?わかりませんがね。(笑)

この記事へのトラックバック