経費削減は消えるインク!?

不景気の中、無駄な経費削減のために血のにじむような努力をしているでしょう。
コピー用紙なんかも、裏面を使うことは当り前のこと、
縮小したり白黒で我慢したり、
傍からみると馬鹿みたいに必死にしてます。
本当は、コピーをしないことを考えた方がいいんですけどね。

ちょっと前まで、大学コピー機の裏紙広告「タダコピ」が流行りましたが、
今はどうなっちゃたんでしょうね。
会社にとっても無料でコピーできるということは、嬉しいことです。

で、こんな商売も、
広告掲載コピー用紙の無料配布「ロハコピ」サービス募集の開始
http://venture-plus.com/news/45367
画像

タダコピをちょっと変形したような商売です。
企業側は裏側に広告の入ったコピー用紙を無料でもらえるということ。
地域限定のスタートみたいですが、コピー経費を削りたいひと。
ぜひご検討してはいかがですか。

会議やプレゼンの資料、配られたときは見ますが、
それが終わると紙くずとして机の中に忘れ去られることが多いです。
そんな資料の塊が個々のキャビネットに入って、
オフィスのフロア全体だと、なんと無駄な紙が多いことでしょう。

だったら、ある一定の期間で消えるインキを開発したらどうでしょう。
例えば、社内的に3年間保管義務がある書類があるとします。
そのインクを使うと3年後に、書類が白紙戻るのです。
その白い紙をまたコピーに使えば、何回もリサイクルして使えます。

期限を区切るインクが難しければ、
特殊なコピー機を通せば、消えるインキをつくればいいんです。
つまり、いならくなった紙を白紙のコピー用紙代わりに入れると、
その紙の印刷内容を消して、その後新たなコピー内容を写しだすのです。
こっちの方が現実的かもしれませんね。

でも最初に言いましたが、こんな技術を考えるより、
無駄な紙を出さないようにすることです。

無駄で下らない書類を排除する。

まずはここから始めましょうかね。





CANON スーパーホワイトペーパー A4 250枚 SW-101A4
キヤノン

ユーザレビュー:
良い紙なんですけどね ...
間違いのないメーカー ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

マコト
2009年06月19日 00:48
インクのアイディア、とっても良いと思います。
でも世の中、紙の無駄がまだまだ多いように感じます。
景気回復の兆しは見えませんか?
パパリンの会社、7月から休業態勢に入るみたいです。
給料もカットされるでしょうし・・・頭痛い。凸
ごんざえもん
2009年06月19日 12:38
消えるインク。。。

 どうかなあ。

 消えた後の紙が再使用できるかどうかは疑問だし、犯罪。特にサギなんかに使われそうな気がしますよ。
 地道に、紙の削減してたほうがいいと思うなあ。

この記事へのトラックバック

  • 経費節減の例

    Excerpt: 利益やお金を残すという意味合いでは、経費削減は…… Weblog: 旬キーワード事典 racked: 2009-06-24 23:01
  • 経費節減の例

    Excerpt: 利益やお金を残すという意味合いでは、経費削減は…… Weblog: 旬キーワード事典 racked: 2009-06-24 23:01