牛、鳥、豚の反撃!?

日本人の衛生に関する意識の高さは、世界でもトップクラスだと思います。
トイレやキッチンにおける除菌剤の使用率や抗菌グッズの数々。
ある意味、異常なほど気にする民族かもしれません。

そんな中、新型インフルエンザのニュースが世界中を駆け巡りました。
【豚インフル】帰国者への検査強化
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090425/plc0904251215006-n1.htm
画像

歴史は繰り返すと申しますが、
過去において人口調整機能として流行病で多くの人が亡くなっています。
まあ、これは神の領域かもしれませんが、歴史的な事実なのです。
それが今回の豚インフレエンザなのか、鳥インフルエンザなのかは分りませんが、
世界中の人を叫喚させる感染病になり得る一歩手前かも知れません。

そこで国内感染者を出さない水際作戦で活躍してるのが、
サーモグラフィーカメラです。
つまりはウィルス感染者は、体温が高くなるので温度を測るカメラです。
存在は知ってましたが、実際に使われていることろは初めて見ました。
発病者をいち早く発見し、隔離するということは、
感染症の封じ込めることで一番大事です。

これから今回の豚インフルエンザだけでなく、
あらゆるウィルスが進化して猛威を振るう可能性があります。
空港だけじゃなく人の集まる要所に、
このカメラを始めとする最先端の技術を駆使して欲しいものです。

でも、監視カメラというだけでアレルギーを起こす人達もいるのも事実。
プライバシーと生命、どっちが大事なのか考えて欲しいものです。
そんな人達は、自衛隊を否定しながら、
災害救助ではいち早く命乞いをする人なんでしょうね。

よく考えたら、狂牛病で始まり、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ。

人類が家畜たちを粗末に扱った結果なのでしょうか。

牛、鳥、豚たちの反撃かもしれません!?





新型&鳥・豚インフルエンザ専用マスク(黄色ループ) N95マスク
メディコム・ジャパン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ごんざえもん
2009年04月27日 17:41
サーモグラフィーカメラで水際・・・は判ります。判りますが・・・潜伏期にある人。あるいは感染していても発熱しない人。(抵抗力が弱っている人)には無意味です。
 やはり「君子危うきに~」という事しか感染を防ぐ手立ては無いのかもしれません。

この記事へのトラックバック