冬空に感じること!?

国民の生命・財産が守れなくなったら、国としての機能を失ってしまいます。
その意味で、今の政府は国としての体をなしてないのかもしれません。

年越し派遣村へ続々、300人突破 厚労省が講堂を開放
http://www.asahi.com/national/update/0102/TKY200901020056.html
画像
年末に突然雇用契約を切られた人々が日比谷公園に集まり、「派遣村」ができましたが、
用意したテントだけじゃ間に合わなくなり、厚労省の講堂を開放したとのこと。

普通なら、政府の対応に怒りを覚え、
すぐにでも日比谷公園に行って炊き出しでも手伝いと思うのですが、
説明ができない、何か引っかかるものがあります。
みなさんは何か感じませんか?

なぜ、日比谷公園なんでしょう?
なぜ、年末年始だけなのでしょう?
派遣村に集まった人々は、親戚も家族も友達もないのでしょうか。
本当に働くべき職場もないのでしょうか。

マスコミの一方的なニュースに流されると、

本質を見失ってしまう気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年01月03日 20:22
そうですよね。
なぜ?こんなに?
大阪では・・・
もっと凄い現実があります。
マスコミさん
煽ってるの?
それとも・・・
2009年01月05日 14:05
都道府県別で言えば、今回の派遣首切りが最も多いのは愛知県。
これは納得するけど、なぜ派遣村が名古屋に出来ないのか?
不思議ですね~。東京以外の所は何とかなるんだとしたら、どうなんでしょう、東京って?
2009年01月06日 05:29
葵さんへ
昔から大阪はすごかったらしいですね。
何せ、未だに暴動が起こるとか?
2009年01月06日 05:31
ごんざえもんさんへ
こんなことするから、またみんなで東京に集まるんですよ!
それで、生活保護を千代田区に出す。
何かパフォーマンスにしか感じないところもあります。

この記事へのトラックバック