バスを使って儲けよう!?

不景気の象徴というべき、自動車が売れない。
これは、一時的なものでなく構造的な問題なのでしょうね。
何せ、若者が車を買いません(買えません)。
ちょっと前までなら、多額の借金をしてまで新車を買ったもの。
今の若者は、自動車を単なる移動機関のひとつであるぐらいしか、
考えていないんですかね。

そんな傾向の中、こんなツアーが人気を集めています。
“若者向け”戦国バスツアーが登場!
http://news.walkerplus.com/2009/0112/2/
画像

若者の間に、「安・近・短」の日帰りバスツアーが人気を集めているとか。
そういえば、自分も最近、高速バスに乗る機会がありましが、
やたら若いカップルが多かったですね。
今までなら自家用車で遠出してデートをするところ、
最近は高速バスで移動なんでしょうね。

これだけ、若者が自動車を使わなくなっって高齢化が進むと、
バスを中心とする公共交通機関が大切な移動機関になるはずです。
それも、身近な地域で小回りの効くマイクロバスが、
重宝されるかもしれません。

旅客運送法等で縛りがあるんでしょうが、

マイクロバスを使った新たなシステムを考えれば、

「儲かる仕事」を発掘できるかもしれませんよ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

G
2009年01月16日 17:55
特に地方で復活して欲しいですね。

 昨日も、奥さんが飲み会に行くのに、電車と車とどっちがいいか検討してましたけど、目的地まで電車で600円。車だと片道20Kmくらいなので200円強です。
 車を取りに行っても、安上がりです。構造的に何とかして欲しいですよ。
きうり
2009年01月16日 21:12
バスやタクシーは、確かにこのままだと今までよりも重要度が上がってくると思います。
通常、年間に車にかかる費用と、高齢者の国民年金の最高受給額はほとんど一致するそうです。
ですから行政と自動車会社で協力して、車の免許を返上した高齢者向けの送迎サービスなどを行ってもいいんじゃないか、などと考えています。
2009年01月16日 21:57
オーイ!おにい様
車ぐらい運転しいや!
車?興味ない?
そんな、男興味な~い・・・

都会は便利でいいよね。
でも、田舎に行ったらどうするの?
車がないと大変よ!

都会のように
家も簡単には借りれませんよ!
いいかげんに
目を覚ましなさ~い!
2009年01月19日 08:49
ごんざえもんさんへ
運転代行などもありますが、飲食代ぐらい取られることがあります。
飲酒運転撲滅の意味も含めて、なしかしらの方法を考えないといけませんね。
2009年01月19日 08:51
きうりさんへ
これから地方の高齢者に対しての公共交通機関の役割は大きくなるはずです。
でも一方では、赤字で廃止。
社会的インフラとして、道路を造るよりこっちの方が大事だと思いますがね。
2009年01月19日 08:53
葵さんへ
経済的に車を買えない若者が増えているとか。
確かに、任意の保険はめちゃ高いし、ローンを組もうとしても通らないしという現実があります。
そんな状況にしたのも、若者だけの責任じゃないと思いますが。

この記事へのトラックバック