農作物を作るのは誰だ!?

食料問題は、国の安全保障に問題です。
食という人としての当り前の営みを、守ることが国の責任でもあるのです。
最近の食の偽装、汚染問題、日本の自給率の問題等も含めて、
日本の食のあり方について、本当に考え直すいい機会のような気がします。

先日、政府の追加緊急経済対策が発表されました。
パソナが農業への「人材派遣」開拓 農業にはビジネスチャンスがある?
http://www.j-cast.com/2008/11/01029386.html
人材派遣の大手が、農業へ人材派遣を行なう計画です。
何かと悪名高い評判を浴びせられてきた人材業界。
今度は、どんな評価を受けるのでしょうね?
画像

でも、食の問題を考えるに当っては、農業のあり方について真剣に考え直さなければならないと思います。
まず、閉鎖的な環境を打破する必要があります。
2003年の農地法の改正によって、農家以外の農業参入が認めたれましたが、まだまだ不十分。
農家保護も分かりますが、農業という産業自体潰れてしまっては、しょうがないはずです。
まずは、経済特区みたいな農業参入自由地域みたいなものをつくって、
荒れはてた田畑を、放置するのではなく、誰もが農業に参入できる地域をつくるのです。

そして、農業規模拡大で設備投資を促進し、産業として成り立つ採算性の持てる産業とするのです。
魅力ある農業を再興し、そこへ労働力をつぎ込めば、雇用対策にもなるし、
何より、既存の農業従事者も含めたコミュニティーをつくり直せそうな気がするのです。

日本のものづくり産業が成功した礎には、農耕民族として、ものを大切にした精神が宿っていると思います。
また、社会生活の基盤も、そういった農業を中心としたもので築かれてきたのです。

これから先、もう一度そういったいいものを残し、その上で新たな創造をするにも、
農業問題を考え直すのが早道のような気がします。

本当に、農作物をつくるのは誰か!?
みんなで真剣に考えましょう!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月05日 22:43
こんばんは。

 農業は今後、発展させなければならない産業だとボクは考えています。
 なぜなら、温暖化の影響は、地球全体に及ぶからです。今まではヨーロッパがダメならアメリカが・・・という図式があったものが、世界中で農作物の収量が減るという自体になりかねない。
 自国に供給できない国が他国へ供給するはずはありません。自給率のUPは急務ですよ。
2008年11月05日 23:42
農業!漁業!
いずれも生活物資を供給して
くれる重要な産業です。
現在までは、この重要な産業を
衰退させるような政策で
この、まじめな国民は
泣かされてきました。

結果、汗水たらして
お金を稼ぐことができない
使い物にならない
国民が育っちゃいました。
長くなっちゃうので、
この辺で・・・
2008年11月06日 05:48
ごんざえもんさんへ
日本の高付加価値の農業は、輸出品にもなります。現に、こしひかりなどは、中国でも高評価を得ています。
自給率アップも必要ですが、その前に廃棄率を下げる努力が必要だと思いますよ!
2008年11月06日 05:51
葵さんへ
日本のすべての政策に言えることですが、産業を育てるんじゃなく守ることを大事にします。
そこでは、努力した人もしない人も同一に扱われ、その結果として、閉鎖的な談合組織が出来上がってしまうのです。
強弱の弱いものは救わなきゃなりませんが、怠け者まで救ってしまった必然的結果かもしれませんね。
パイプライン
2010年02月27日 01:45
それでは 変わらないですよ まわりを よくみましょう

この記事へのトラックバック