休んでる状況ですか!?

米国のリーマンブラザーズの破綻を受け、今日の金融市場は大荒れの台風になっています。
NY株市場、504ドル安 同時テロ以来最悪の下げ幅
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080916/fnc0809160749006-n1.htm
画像

こんな時、朝刊で経済状況を確認しようかと思ったら、今日は新聞休刊日
何のための新聞なんだか。
特に日経新聞、こんな経済話題は、連休中が多いもの。
連休明けに休んでたら、新聞の存在意義がないんじゃないですか。

日経ネットもつながりにくい状況です。
みんな新聞代わりにネットを閲覧しているんでしょうね。

日本だけが平和ボケなんでしょうか。
こんな世界的経済の問題が浮上している中でも、
こんな問題を真剣に考えていません。
アメリカで150年以上も続いてきた、
名門証券会社が潰れる事態に、どう対応するのか。

まあ、また他人事しか言えない首相がいるにはいるんだけど、
いてもいなくても同じ状態。
早く、辞任して首相代理に職務を代行してもらった方が、
客観的に見て、国民のために、いいのではないですか?

でも、なんで新聞休刊日って、全社一斉に休むんですかね。
交代で休むとか、うちは年中無休にするとかとう新聞社が出てきてもいいはず。
やっぱり、みんな横並び、抜け駆けは許さないという利権談合体質なんですかね。

自分達の立場がよく分かってないような気がします。
この社会状況の中、広告費が削られ、
その中でも新聞媒体は、旧態依然の体制で崩壊への道を辿っています。
それでも、ニュースを伝えるだけのお抱え記者が、
偉そうにハイヤーで取材をする世界。
やっぱり、救いようがないのでしょうか。

マスコミの力は、第三の権力と言われるぐらい社会的影響力を持っています。
でも、クライアントを意識した政界や財界の提灯記事しか出ないし、
マスコミの力で、チェック機能を果たし、
バランスのよい緊張関係から色々な社会矛盾を追及し正義を貫く必要があります。
それが出来ないなら、無駄な新聞はいりません。

政治家、お役人、記者の仲良しグループで、この先どうするんですかね?

休んでる状況ですか?冷静に考えてみたら!


記者の実態を分かりやすく書いています。良かったら、読んでみてください!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くま8
2008年09月17日 09:27
そうか、休みもたまに有ってもなんて思っていましたが、結構大きな事件があった時には、読みたいのにお休み。。。不便だな~って思ってました。地方紙の方が辛口な意見を言っていますが、やはり偏りがありますよね。本、カートの入れておきます☆
2008年09月18日 11:07
くま8さんへ
駅売りで、スポーツ新聞を売ってますが、それ以外はないですよね。
以前、サンケイ新聞が出し抜いて、新聞休刊日に新聞を発行したことがあるみたいですが、新聞協会から待ったがかかったみたいです。
談合社会日本は、こんなとこにもあるんですね。
上杉さんの本は、とても面白いですよ!

この記事へのトラックバック