キター!悪役「亀田」、悪しき興行主「TBS」

最近は、善玉・悪玉対決といったプロレスを、あまり見なくなりました。
今の格闘技は、K1をはじめとするガチンコ対決が主流。

それだけ、見る方の目が、肥えてきたんですかね。
でも、未だに、そうじゃないのが、相撲と一部のボクシングです。

興毅リング登場に視聴者抗議 TBS「ハプニングで…」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/165598
画像
見たくもないのに、亀田興毅が内藤のタイトル戦に出てきました。亀田側も含めて、TBSはどこまで計画して、戦略的に、登場させたんでしょうね?

考えられるのは、
1.ただ単に、「内藤×亀田興毅」戦の番宣の意味で、登場させた

2.亀田を登場させて、世間の反応を見て、TBSがバックアップするかの判断材料とする

3.亀田をより悪役に仕立て、わざと反感をかわせ、話題性を持たせることで、
  色々な番組の視聴率を稼ぐことを目的にした

こんなもんでしょうか。
どちらにしても、亀田側の頭脳では、戦略なんて持てるはずがないから、
踊らされているだけ、つまりは、TBSにうまく利用させているだけでしょう。

そうすると、3番の戦略で行なった方が、一番おいしい商売が出来ます。
その意味で言えば、その話題に乗っちゃった世間一般の人は、
思い通りの戦略に、はまっちゃってるのかもしれません。

まあ、自分もブログの話題にしちゃったんで同罪ですけどね。

やっぱり、こういう輩は無視するのが一番なんでしょうが、

昔のプロレスや今に相撲???と同じで、やらせと分かっても見ちゃうんですよね!

キター!悪役「亀田」、悪しき興行主「TBS」って感じですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月01日 18:39
 亀田戦は一度も見なかったなあ。マイクタイソンで終わってら~。

 ボクシングに限らす、日本人は『道』というものを求める傾向があるから、どうしても叩かれちゃうんでしょうけどね。
 ヒールに徹して、やるっつっても、ボクシングは更にストイックなものを求めちゃうから、抗議受けるだけ企業イメージダウンしちゃうんじゃね?

 いずれにしても、旬はとっくに過ぎてると思うなあ。
2008年08月01日 22:17
実は葵・・・
格闘技が大好きなの
もちろん、この試合も観戦していました。
内藤の逆転勝利でしたが
試合内容は散々、いつもだけどね。
なにか、余計なハプニングを起こす
チャンピオンという印象です。
ikeママン
2008年08月02日 11:01
亀田家の収入はもはやこの兄にかかってるから 家族を食べさすためなら何でもヤルッって感じが見えますね!
長男がかわいそうになってきます!
良いトレーナーとスポンサーがついたらいいのにね!
2008年08月02日 11:24
ごんざえもんさんへ
日本人は純粋無垢なヒーローを創りたかりますよね。そこには、お涙あり、苦労ありというエピソードを付けて。
そんな願望が、偽りのヒーローとして祭り上げられちゃうのかもしれません。
我々も反省しなきゃね。
2008年08月02日 11:27
葵さんへ
ボクシングスタイルの好みは色々です。でも、ある意味内藤選手も、亀田兄弟のお陰ってとこもありますもんね。
持ちつ持たれつの関係なんですかね。
2008年08月02日 11:31
ikeママンさんへ
亀田兄弟が、正統派なら、こんなに注目を浴びなかったでしょう。ですから、戦略的には間違ってなかったのかもしれません。
でも、このまま飽きられ、見捨てられたら何が残るのかが心配です。
その為には、正統派のボクシングをみせて実績を残すのしかないのかもしれません。そうじゃなければ、芸能界で悪キャラで生き残らなければなりません。
そんな甘くないはずです。

この記事へのトラックバック