雷雨から身を守る方法!?

夏の本格的に始まり、海や山に出かける人が多いです。
楽しい思い出がつくれるよう、思い切って遊んでもらいたいものです。

しかし、自然というのは、突然、凶器と化することがあります。
【豪雨被害】神戸の都賀川で4人が流され死亡
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/080728/dst0807282157024-n1.htm
楽しいはずの休日が、一瞬にして痛ましい事故に、なってしまいました。
コンクリートで覆われた、都会の川の欠陥なのでしょうが、予想を超えた降雨結果として、
幼い子供たちが、犠牲になるのは、とても忍び難いことです。

しかし、地球温暖化の一端なのかもしれませんが、最近の雷雨は、異常に発達しますね。
画像
そこで、こんなサービスがあります。
突発的な雨を通知する「ゲリラ雷雨メール」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/41166.html
予め登録した場所に、雷雨が発生すると、携帯メールで知らせてくれるサービスです。
「ゲリラ雷雨防衛隊員」という人員を配しながら、より正確で細かな情報を、メールしてくれるのです。
気象情報だけでなく、人から寄せられる話も勘案して、情報を共有できるのです。
これも、水難事故につながるような降雨に対して、事故防止の有効な手段かもしれません。

これは、雷情報だけですが、これをトータルな防災情報共有サイトにしたらどうでしょう?
それぞれの人から、危険情報を送ってもらい、該当する地域の人にメールで知らせるのです。

例えば、「○○川の水位が異常に上がってる」とう情報を、近隣の人から寄せられたら、
GPSでその近くにいる人に、警告メールを送るのです。
もちろん、情報にはデマや嘘があるかもしれませんが、フィルターをかけて精査できるようにすれば
災害を事前に伝え、防止できます。

警察や消防の行政の情報だけでは、遅延したり、伝わらなかったりすることがあります。
また、地域毎の細部の情報までは発信できないものです。

だったら、その前に、該当地域にいる、携帯電話を持った人々に、メールで一斉送信できたら、
どんなにか有効な、情報伝達手段となるのでは、ないでしょうか。

情報は、より多くの人が共有できて威力を発揮します。

しかも、情報を受けた人が、また、より細かな情報を返せれば、

情報量が多くなり、その密度によって、正確な情報となって伝わるのです。

災害から身を守る方法を、みんなで考えてみましょうよ!






この記事へのコメント

ごんざえもん
2008年07月31日 23:07
 確かに痛ましい事故でした。ご冥福をお祈り申し上げます。
 ボクは最近水にすごく関心があります。水といっても健康のために飲む水の事ではなく、地球上の水の事です。
 例えば、湿地の1haあたりの環境への配慮を考えた試算をした場合、210万という結果が出るそうです。
 ちなみに都市部は0円。これをなんとか変えられないかと考えてみるのも一興かと思います。
 どうでしょう、光太郎さん?
2008年07月31日 23:17
雨が降って
人間には欠かせない水になります。
かけがえのない水ですが
時には人を襲う凶器に!
昔の人はこのことを良く
理解されていたんだと思います。
歴史のある土地に行くと
必ず、雨や水を祭った寺社がありますよ!
雨も水も神様から与えられた恵みです。
古くさ~!
かも、知れませんが
このことを理解できないと
このような、事故は絶たないのでは?
と、思います。
太陽の息子
2008年08月01日 08:17
いつも訪問有難う、今日も新しいもの載せますよ、無料で登録や、資料取り寄せて楽しみましょう、
2008年08月01日 09:19
ごんざえもんさんへ
世界中で、水に困ってる人は、10億人以上とも言われてます。日本ほど、水を潤沢に使える便利なことろはないのではないでしょうか。
海水浄化、雨水を再利用、浄化剤の開発等々で、これらの問題を解決しようと努力しています。
今後、水の再配分を含めた水ビジネスは、石油以上に重要なものとなるんでしょうね。
ごんざえもんさが、いい案考えてくださいよ?
2008年08月01日 09:25
葵さんへ
自然との向き合い、上手に付き合ってきた先人の人々は、水の有り難さと怖さを痛感してたんですね。
現在人は、自然に対して、過保護な設備にお陰で、反対に多大な被害を出してます。
日頃より、水を初めととする自然に対して、意識して考え、感謝し続けなければなりませんよね。
2008年08月01日 20:14
 そうですね。水のビジネスが激化しているのが旱魃で苦しむオーストラリアですか。個人の農家が相当廃業に追い込まれているそうですね。スペインでも海水の真水化で糊口を凌いでいるような感じを受けます。
 東京に限って言うなら、雨水の飲料水化が手っ取り早いんじゃないでしょうか? 実際にアメリカでは販売されているとも聞きます。紫外線による殺菌だけで済んでいるそうです。もっとも、日本人は雨水と聞いて飲むかどうか疑問ですが。(ホント不思議な感覚です。)

この記事へのトラックバック