メタボ割増保険料??

日曜日は過去のブログを再アップしてます。昨年の6月のブログです。

政治家やお役人の考えてることが、いかにいいかげんか、いかに行き当たりばったりか。
最近のダッチロール状況において、次から次へと明らかになってきています。

後期高齢者医療…高所得層の8割 負担減
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20080605-OYT8T00264.htm
厚労省に調べて、後期高齢者医療導入後、8割の人が負担減になったということを発表しました。
え!なんと!こんなことを予想もせずに、医療費の改革を行なっていたのだろうか?
こんな法律をつくるお役人もそうだが、それを鵜呑みにして強行採決する政治家も、いいかげんであるということです。

保険なんだから、かかった費用は、それぞれに負担をしなければならいのは当り前です。
その徴収の仕方が、より公平で納得いく方法を工夫するのが、みなさんのお役目のはずでは?

まあ、こんなやつらに任せないで、公平な保険徴収方法を考えたので、みなさんのご意見を拝聴します。

ずばり、「メタボ割増保険料」です。
画像
今年度より、メタボ検診が義務化されました。メタボの人は、医療費増大に、大きな影響を与えているから、
検診により自覚させて、健康な身体をつくる努力をさせるということです。

つまりは、「デブだと社会に迷惑を掛けるから、痩せなさい!」ということです。

そこで、メタボの人から、健康保険料を、割増で徴収したらどうでしょう?
必死に、減量や体質改善に、努めようとするんじゃないでしょうかね。

どうせ、無駄なダイエット商品にお金を掛けるなら、社会保険料として収めたほうが有意義です。

後期高齢者保険料より、「メタボ割増保険料」で決まりです!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

2008年06月05日 22:18
標準体型ばっかりじゃ
病気が確かに減るかも知れませんが、
食品業界や医薬品業界それにダイエット業界も商売できしませんえ~
体型に関しては自由がいいと思うけど・・・
2008年06月06日 07:27
>葵さんへ
確かに、標準体型ばっかりじゃおかしいですよね。自分も個性があった方がいいと思います。
でも、後期高齢者保険料の徴収方法の方が、もっと分かりずらいです。
ちょっとは頭を使って、納得いく徴収方法を考えたらという、具体例ですから。
2009年04月26日 11:33
あたしも今年からメタボになりました・・・。(笑)

この記事へのトラックバック