道路をつくるより、事故を防ぐことにお金を掛けたら?

6月1日より、道路交通法が改正され、後部座席シートベルト、もみじマークの義務化が施行されました。
高速バスに乗るときも、シートベルトを着用しなければならないということです。
まあ、シートベルトを付けるのがめんどくさいと言う人は、それだけ死亡率が高まるということですから、
事故っても怪我しない、サイボーグ的身体に鍛えておいてください。

これから先、自動車は、環境技術と共に、安全に対する技術がより大切になってくるはずです。
そんな中、こんな車が研究されています。
歩行者を守れ――車の外に飛び出るエアバッグ、豊田合成が開発中
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/22/news099.html
画像

これから、高齢化が進むにつれ、車対歩行者の事故も増えてくると思われます。
また、ガソリン高で、移動手段を車から公共交通機関や歩き、自転車に変える人が増えるでしょう。

そんな歩行者に対して、エアバックを車の外側につけて、歩行者を守る装置を開発する。
エアバックだけなら、そんなにお金を掛けずに済みそうなので、ぜひとも、早期の実用化を、お願いしたいものです。

1年間、交通事故だけで、6000人弱の人間が命を落としています。
この装置でその1割でも救えたら、安い投資のはず。
事故率が下がれば、必然的に保険料が下がるはずです。

先日も、指をさされたと言って、小学生に突っ込んだバカ者がいました。
そんな人間が運転するかもしれないことを前提に、車にお金を掛けなければならない時代になってきたのです。

道路を造るしか頭にない政治家のみなさん!

道路造るより、身近な道路の安全対策や車に、お金を掛けた方がいいんじゃないですか?

そうしないと、小学生に突っ込んだ様なバカ者が、

先生方へ、車で襲ってくるかもしれませんよ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ななかまど
2008年06月04日 08:26
我が里のある土建屋さん「どこも高速道路並じゃないか、仕事が欲しいから道路反対はいえないがね。」これが本音じゃないでしょうか。
2008年06月04日 23:39
道路作るのは政治家の
手っ取り早い手段なのでもう、いいんですが。
お願いだからスリップしない道路
曲がるのが大変なカーブを
作らんようにして!!

急カーブ危ないよ!
という意味なんでしょうが
道路に線書いてたり
前面塗装?してみたり・・・

新品のタイヤはこんなとこで
メッチャ!滑るのよ~!
スピンしそうなんだから!
2008年06月06日 07:39
>ななかまどさんへ
建設関係の人にとっては死活問題ですね。でも、いつかは道路をつくらなくなる時期が来るんだから、業態変更を考えないと、生きていけないのではないでしょうか?
>葵さんへ
塗装面は確かに滑りますもんね。歩いていてもこけそうになる時まります。
安全運転で気をつけましょう!

この記事へのトラックバック