ビールを飲んで、食糧問題に貢献しよう!

消費税のアップを発言した福田さん。また支持率が急降下するのではないでしょうか。
大阪府民の生活に犠牲を強いたPT案を出しても、支持率が80%以上である橋下さんと、どこが違うのでしょう?

まあ、福田さんの低支持率、これ以上下がっても、上がっても、何も変わらないので、

せめて、功名心にあせって、余計なことをしないで下さいな!
画像
企業の売上の一部を、寄付する運動があります。
ミネラルウォーターのヴォルビックの「1ℓ for 10ℓ」 
http://www.volvic.co.jp/1Lfor10L/about/index.html
1リットルのヴォルビックを飲むと、アフリカの水に苦しんでいる地域の人に10リットルの水を寄付する運動です。
nepia 千のトイレプロジェクト 
http://1000toilets.com/project/goal.html
ネピアの紙製品を買うと、東ティモールのトイレで苦しんでいる人に、トイレ建設費を寄付する運動です。

これは、とてもよい運動だと思います。同じ値段の水でも、貢献できるならヴォルビックを買おうと思うし、
少々高くても、自分ならヴォルビックを選びます。

最近の商品値上で、1円でも安い商品を買うため、価格には敏感になっていますが、こんな目的のためなら、
「5円10円ぐらい高くてもいいや。」という、感じになります。
まあ、企業側にとっては、商品や社会貢献のアピールと価格戦略の意味もあるでしょうが。

じゃあ、こんなことを、考えてみてはいかがでしょう。
ずばり、「商品別目的納税」です。
例えば、ビールメーカーが、その商品の売上には、「日本の小麦農家を援助することに使います」という目的をハッキリ入れるのです。
そして、売上と納税額、その結果をWEB上で、消費者に報告させるのです。

「俺の飲んでるビールは、日本の食糧対策費として使われてるんだ」と思えば、もっとビールを飲むだろうし??
社会貢献しているという気持ちがあれば、税金を払い苦もなくなるんじゃないですか。

まさしく、ビールを飲んで、食糧問題に貢献しよう!!です。

消費税を上げるというと、反対されるのは、その使い道が不透明で信頼をしていないからです。

お役人の無駄遣い、利権談合体質等々、今、問題になっていることが、解決されずにうやむやにされる。

その度に、真面目に納税している人からの信頼を失い続けてきたのです。

税金の使い道や配分、使われ方のチェックを委ねている政治家やお役人が信頼できないんです。

「商品別目的税」真剣に考えてみては、いかがでしょうか?







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らん
2008年06月21日 11:45
そうなんですよね~
収めた税収の行き先が不明なまま、政治家の不祥事がマスコミで取り上げられるので、全て信用できないように思ってしまいます。
商品別目的税!いいっすね~

ちなみに、自分もヴォルビックですよ♪
2008年06月21日 21:28
信用あらへん!
これにつきますね
それと
ビールは日頃から普通の人よりも
たくさん飲んでると思います。
これ以上、頑張るとちょっと不安です。
2008年06月22日 06:12
 公務員と議員さんの給料目的税というのはどこから取りましょうかねえ?
 やっぱり、天下り先のからでしょうか?

 最近は検索ツールバーで温暖化貢献(植林)もありますよね。BIGLOBEのツールバー入れましたよ。
2008年06月22日 09:05
らんさんへ
アメリカの高額納税者は、寄付という形で自分の使ってもらいたいところへお金を出します。目的がはっきりしていいですよね。
喜んで納税できるような税金の使い方をして欲しいものです。
2008年06月22日 09:07
葵さんへ
いやいやビールだけじゃないので、他の商品での貢献も考えれば大丈夫です。
肝臓には気をつけましょう!!
2008年06月22日 09:09
ごんざえもんさんへ
>検索ツールバーで温暖化貢献(植林)もありますよね
そんなのがあるんですか。自分も貼り付けてみようかな。
まず、一人ひとり出来ることからですね。
G
2008年06月24日 05:52
え~とですね。
このブログの一番上。
《ウエブリブログ/ログイン》の隣に
[環境に優しい検索ツールバー]の文字をクリックしてみてください。
あとgoo(NTTポータルサイト)でも始めました。

2008年06月24日 07:55
ごんざえもんさんへ
アドバイスありがとうございます。

この記事へのトラックバック