親子丼にみるブランド力

今日は、人形町にある玉ひでに親子丼を食べに行ってきました。
ここは、親子丼の発祥であるお店、マスコミにちょくちょく紹介されています。
午前11時に着いたときには、もはや30名近く列をつくっていました。
12時には食事を終えて出てきましたが、そのときにはまだ100近くの人が
列を作っていました。

ここで勝手ながら、
○お昼の部(ランチ)11:30~14:00 席数170
平均単価1300円 平均滞在時間30分 回転数4.5回 月営業日数25
月売上高2500万円
○夜の部(ディナー)17:00~22:00
平均単価9000円 平均滞在時間90分 回転数3回転
月売上高12000万円
計 予想売上高 14500万
   粗利益高  10000万
うーんおいしい!!!!誠に勝手ながら予想させてもらいました。
しかし、これは机上の理論、老舗はブランド維持のために大変な努力が必要なはず。
カテゴリー・アイテムを絞ぽる、営業時間を限る、多店舗展開をしない、守るべきものを頑なに守る、変化に対応すべきものを柔軟に対応する。
300年近く継続してブランドを維持している玉ひでさんを見ると、
成功し「儲かる」仕事のヒントが多々あります!











 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック